『ホワイトニング』はもちろん『歯周病・口臭・虫歯』予防にもおすすめなオーラルケア

リジェンティスのオーラルケア

一般治療

一度治療した歯は何故また虫歯になるのか?

『一度治療した歯は何故また虫歯になるのか?』このテーマでお話ししようと思います。

まず虫歯になったら虫歯になってる部分を削って取り除き、削った部分に何かしら詰め物をします。

すると詰め物をした後、必ず詰め物と自分の歯に境目が生じます。その境目はどんなに頑張っても生じてしまいます。

そして境目の部分から虫歯菌は新たに侵入しようとします。結果新しく虫歯になってしまいます。

これが簡単に言うと一度治療した歯は何故また虫歯になるのかの理由です。

ではもっと噛み砕いていきます。

虫歯のリスクを減らすにはその境目をいかに最小限にしてあげるかが重要なキーポイントになってきます。

よく歯科医院に行くと詰め物を選んで下さいと選択を迫られ、保険の詰め物や自由診療の高い詰め物かで迷うかと思います。

患者様の中には歯科医院に行くと自由診療をお勧めされた経験もあるかと思います。

しかしどうして歯科医師が自由診療をオススメするかと言うと、理由があります。

保険診療の詰め物は金額が安い一方でフィット感が自由診療のものと比べると劣ります。一方自由診療の詰め物は金額が高いもののフィット感は良いので虫歯のリスクを軽減してくれます。金額が高いなりに費用対効果はあります。

しかし、、、頭に入れておいて頂きたいのは、自由診療の詰め物を選べば虫歯にならないと思ってる患者さんもいらっしゃるのですが、それは間違いです。自由診療の詰め物を選んでも虫歯にはなります。(それは境目があるからです。)

つまり歯を削った時点で虫歯のリスクは常に発生してるということは頭においておいて下さい!

何年、何十年後も自分の歯が虫歯にならないようにお家では歯磨きを頑張って定期的に歯科医院で検診も受けていつまでもご自身の歯が長持ちする様に心がけていきましょう!

-一般治療
-, , , , , , , , , ,

© 2021 🦷Dr.Takahisaの『現役歯科医師による歯の特化Blog』&『市販で販売している歯科グッズ紹介』サイト🦷 Powered by AFFINGER5