『ホワイトニング』はもちろん『歯周病・口臭・虫歯』予防にもおすすめなオーラルケア

リジェンティスのオーラルケア

成人矯正(大人の矯正治療)

🦷ワイヤー矯正について🦷

今回はワイヤー矯正についてお話ししようと思います☺️

ワイヤー矯正には、マルチブラケット装置を用いて行う方法です‼️

(ーー;):マルチブラケット装置とは?⁉️

→ワイヤー矯正をする際に歯の表面に、アイキャッチ画像でも載ってる、ブラケットと言うワイヤーを保持する突起物の事です☺️

このブラケット装置を歯の表面に装着して、連続的にアーチ型のワイヤーを組み込んで3次元的に調節していく方法の事をワイヤー矯正(別名:マルチブラケット法)と言います☺️

マルチブラケットは、ブラケット、ワイヤー、結紮線orゴムリング(ワイヤーをブラケットと結ぶ為に用いるもの)の装置を用いて行う治療であり、歯1本1本にブラケットを装着して調節するので、1本1本のあらゆる移動が可能です☺️

この治療方法には大きく2通りに分かれるのでその2つを今回ご紹介します^_^

まず、その2つは何かと言うと、、

①スタンダードブラケット法

②ストレートブラケット法

です☺️

簡単に2つの違いは何かと言うと、、

①スタンダードブラケット法

➡️オーダーメイド治療法

②ストレートブラケット法

➡️仕上がりが平均的な仕上がり治療法

(言葉に語弊があるかと思いますが、ここでは理解しやすいようにこの言葉にしております💦)

🐶:⁉️⁉️どう言う事⁉️⁉️オーダーメイド⁉️平均的⁉️

もう少し詳しく説明していきますと、、、

①スタンダードブラケット法のオーダーメイドと言うのは、

・キレイな歯並びは、前歯から奥歯にかけて連続的に並んでます。

しかし、、歯の外側(クチビル側、ほっぺた側)の面は、どの歯も同じ向きで直線的に並んでるというわけではなく、個々の歯によってかなり異なります💦

・キレイな歯並びに並べるためには、断面が丸や四角いアーチ状のワイヤーを用いて歯の表面の凸凹や前後左右的な傾きなどに沿って3次元的に精巧にドクターがワイヤーを曲げていく必要があります☺️

・それぞれの歯の表面の形に合わせてドクターがワイヤーを曲げて治療していくのでオーダーメイドになります☺️

一方で、、、、、

②ストレートブラケット法について説明すると、、

スタンダードブラケット法を簡素化するために、歯の表面に付けるブラケットに、キレイに並ぶ為の平均的な凸凹や傾き、角度(ねじれ)などをすでに組み込んでおき、既製のアーチ型のワイヤーを入れればほとんど曲げないで良いように工夫された治療法です☺️

この手法はスタンダードブラケット法より熟練度が必要ないので治療時間の短縮にもなりますし、矯正治療の導入を考えている一般医にもよく用いられている方法です^_^

患者さんサイドとしても、既製のワイヤーなので緩やかな力によって痛みも少ないなどメリットはあります☺️

しかし、、欠点もあります😓

それは、ブラケットに組み込まれてる凸凹や傾き、角度(ねじれ)はあくまでも平均値的(標準値)であるので、患者様の歯並びによっては効きが弱かったり、追加でドクターが更に微修正する必要性もあります😓

私自身は、師匠がスタンダードブラケット法だったので矯正治療は自分もスタンダードブラケット法でやってきましたが、ストレートブラケット法も取り入れてやってみて色々メリットデメリットはあると思いました☺️

患者様に2つの方法を使い分ける事でそれぞれの特徴が生かされますのでどちらが良い悪いは決して無いなと思いますね^ ^

私自身、まだまだ矯正について常に日々勉強の身ですし、全国、海外に有名な上手な先生は沢山いらっしゃいます☺️

私もいつかはそうなれるように、、そして矯正治療はマニュアルが無く、常に考える治療なので奥が深く難しい、、でもそこが楽しさでもあるので今後とも、矯正治療もそうですがインプラント、審美等更に技術向上鍛錬頑張ります☺️

今日はワイヤー矯正治療において、少し深い部分までお話ししてみました^_^

何かわからない事、聞いてみたい事などありましたら、

Instagram『@dr.takahisa_official

のDMよりご連絡頂ければと思います☺️

-成人矯正(大人の矯正治療)
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 🦷Dr.Takahisaの『現役歯科医師による歯の特化Blog』&『市販で販売している歯科グッズ紹介』サイト🦷 Powered by AFFINGER5