『ホワイトニング』はもちろん『歯周病・口臭・虫歯』予防にもおすすめなオーラルケア

リジェンティスのオーラルケア

予防 成人矯正(大人の矯正治療)

矯正治療中の歯磨きケアの仕方〜表側・裏側矯正編〜

今回は表側矯正・裏側矯正をしている方、もしくはこれから治療を始められる方に歯磨きする上でのポイントをご紹介していこうと思います😊

《表側矯正》

まずは表側矯正からです🦷 

磨き方のコツは、

  1. まず下記の写真のようなイメージでワイヤーの下に入り込むように歯ブラシを押しこみます🪥(この時に用いる歯ブラシはあまりヘッドが大き過ぎず、ブラシの柔らかさも硬過ぎない方がワイヤーの下にブラシが入りやすいです✨)

2.押し込んだまま小さく横に動かします😌

3.歯ブラシの位置を移動して『1. 2.』を繰り返します😊

4.『1.2.3.』を歯の上側からと下側(歯茎側)、両側から磨きます☺️

5.さらに歯間ブラシを装置間(ブラケット間)に入れて上下に磨くと万全です✨

次に裏側矯正です🦷

《裏側矯正》

裏側矯正に関しては表側矯正と違い磨きづらく、装置(ブラケット)も一回り小さい為特に注意深く磨く必要があります💦

噛み合わせによっては装置(ブラケット)を歯茎寄りに付けないといけないケースもありますのでその場合、こまめに磨けていないと細菌が蓄積して歯茎が腫れて出血しやすくなってしまいます😰

歯茎が腫れてる状態ですと矯正治療時に通常より痛みが増しやすい傾向がありますのでこまめな歯磨きをお願い致します😌

では、ポイントをオススメしていきます🦷

上記の写真のように表側矯正と同様に歯ブラシを横にして磨く事が多いかと思うのですが、歯ブラシを縦にして装置(ブラケット)周りを小刻みに磨く事をオススメします✨

また、歯ブラシが大き過ぎるため小回りが効きづらく磨き残しが出る可能性がありますので、『タフトブラシ』を用いて磨く事をオススメします☺️

※タフトブラシに関しては、クリニックでも、ドラッグストアでも販売しています😌✨

また、『デンタルミラー』もドラッグストアで販売してますので購入して頂けるようであればデンタルミラーも購入して慣れるまではミラーで確認しながらケアする事をオススメ致します😊

そして、磨く際に圧が強すぎると、何かの拍子に装置(ブラケット)が外れるリスクがありますので優しくマッサージするような圧で磨く事をオススメ致します☺️

今回は、『矯正治療中の歯磨きケア』をテーマにご紹介してきました😊

何かわからない事、聞いてみたい事などありましたら、

Instagram『dr.takahisa_official』のDMよりご連絡頂ければと思います☺️

-予防, 成人矯正(大人の矯正治療)
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 🦷Dr.Takahisaの『現役歯科医師による歯の特化Blog』&『市販で販売している歯科グッズ紹介』サイト🦷 Powered by AFFINGER5