『ホワイトニング』はもちろん『歯周病・口臭・虫歯』予防にもおすすめなオーラルケア

リジェンティスのオーラルケア

一般治療

歯の神経の価値

今回はこのテーマでお話ししていこうと思います。

皆さんは『歯の神経』に対してどのようなイメージがありますでしょうか??

この質問をしますと多くの方は、、

・神経は残したい

・そもそも神経についてあまり考えた事はない

etc...

大きくはこの2つ意見をよく耳にします👂

➡︎まず結論から言いますと『歯の神経はとても大事なもの‼️』です。

 

理由を述べる前に、まず歯の構造をご紹介致しますと、

外側から

①丈夫なエナメル質、その中に②象牙質、③神経

で、構成されています。

よくCM等で『知覚過敏』と言う言葉を聞いた事あるかもしれないのですが、これは①のエナメル質が『※様々な原因』によりすり減ってしまい結果、象牙質まで達してしまった場合にその部分に冷たい物や歯ブラシの歯先が触れて『キーン』としみる仕組みとなっております。。

※様々な原因: 歯軋り、食いしばり、歯磨き時の歯ブラシを歯に当てる圧力により等...

話が少しそれましたが、本題に戻ります💦

では何故『歯の神経はとても大事なのか⁉️』ですが.....

➡理由は『神経が歯を丈夫にしてくれているから』です❕

歯の中にある神経が、歯に栄養供給してくれているので歯は健康に保たれています。

一方で歯の神経が無くなってしまうと、栄養供給をしてくれてる神経が無くなると言う事なので歯は落ち葉のように脆くなってしまいます。。🍂🍁

歯が脆くなってしまうとどの様な事が将来的に予想されるかと言いますと、、1番多いのは、

『歯に亀裂(ヒビ)だったり、歯が割れてしまう』

リスクが高まってしまいます。

※もちろん、神経を取り除いてしまったから全てがヒビ割れや歯の破折に繋がるという訳ではありません💦

人それぞれの噛む力(咬合力)や、神経を取り除く治療をした際に治療をした歯の厚みがどのくらい残っているのかなど...etc

様々な要因も含め総括してになります。

そうなってきますと、

『単純にどんな治療でも神経を必ず残せば良いのでは❓👀』

と思いますがそう言う訳でもありません。。

それは虫歯治療をした際に、『虫歯菌が神経まで到達してしまった』場合です。

虫歯菌が神経まで到達してしまうと、歯の中の神経全てが感染(汚染)してしまいます。

そして感染してしまった神経は全体に広がり根の先に感染減が波及して症状として、

①咬合痛

②歯の根元の歯肉付近を中心に歯茎が腫れてしまう

結果、根の治療が必要になってしまいます。

➡︎その為、虫歯菌が神経まで到達してしまった場合はむしろ神経をとる必要性があります💦

ここからは僕の持論で日常の診療スタイルなので興味がある方だけ読んで頂ければと思いますし、一つの意見として思って頂ければとおもうのですが、、、

昨今SNSで

・セラミック矯正

・歯をジルコニアで白く

など紹介されていますが、僕は治療を受診される前に今一度ご自身が受ける治療の内容、メリット・デメリットなどしっかり把握して頂きたいと思います。

『セラミック矯正』にしても『歯をジルコニアで白く』にしてもそれ自体の治療法に関してはアリだと思います💡

しかし『セラミック矯正』で言えば、短期間で歯並び、歯の色をキレイな白さに出来るメリットもありますが、

一方で前歯の歯並びのガタガタが気になるので歯を全体的に(もしくは一部)削る事により場合によっては虫歯でも何でもないのに結果的に神経を取らないといけなくなってしまったり、正面から見た時の審美的要素は綺麗でも根本の歯の並びは削るだけでは変えられないので裏側から見た時にはガタガタのままでむしろ虫歯になりやすくなってしまったりなどのデメリットもあります。

(ここの内容に関しては専門的内容も多いので、直接メッセージ頂けたり、セカンドオピニオン等おっしゃって頂けましたら理解頂けるまでご説明致します❕)

それであれば、少し期間は掛かってしまいますが単に歯並びが気になるだけなら前歯だけの部分矯正という治療法もありますし、白さも気になるのであればホワイトニングや、もしホワイトニングでも満足いく白さが厳しければその時にセラミック矯正も一つのプランとして考える事もアリだと思います❕

そうする事で、

・一つは自分の歯を削る量を最小限に出来る

⬇︎

・歯を削る量が少ないほど神経へのダメージ、負担も最小限に抑えられる

⬇︎

・神経がある事で歯の長期的長持ちが期待出来る

などあくまでも短期的な見た目、審美だけを理由に考えのではなく長期的予後、おじいちゃん・おばあちゃんになっても後悔せず自分の歯でキレイな方が僕は良いのかなと思います💡

一度歯を削ってしまったら本当に元に戻らないです(削った部分を詰め物等でリペアするのは勿論可能ですが...)

そしてどんな治療でもメリットだけしか無いと言う事もないです。必ずデメリットや反作用も存在します。

なので御担当医の先生と治療についてご自身が納得いくまで、ちゃんと理解するまで説明をして頂きその上で、どの治療プランで治療を受けるのか今一度考えて頂けたらと思います☺️

今回は【歯の神経の価値】をテーマにお話ししてきました。

歯の事で分からない事、気になる事などございましたら、

Instagram『@drtakahisa_official』のプロフィール欄にありますURL (lit.link/drtakahisa) をクリックして頂き、そこの『お問い合わせ』よりメールを送って頂ければお答えさせていただきます(^^)/

-一般治療
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 🦷Dr.Takahisaの『現役歯科医師による歯の特化Blog』&『市販で販売している歯科グッズ紹介』サイト🦷 Powered by AFFINGER5