『ホワイトニング』はもちろん『歯周病・口臭・虫歯』予防にもおすすめなオーラルケア

リジェンティスのオーラルケア

小児矯正(お子様の矯正治療)

お子様の反対咬合(受け口)について

今回は『お子様の反対咬合(受け口)について』をテーマにご紹介していこうと思います☺️

まず最初に、、、

・『反対咬合(受け口)とは⁉️

ですが、簡単に言いますと『下顎が前方に出ている』噛み合わせの事を言います。

そして反対咬合には大きく2つに分けられまして、

①歯槽性によるもの

②骨格性によるもの

の2つに分けられます💦

ではそもそも『歯槽性』やら『骨格性』とはどう言う事なのか⁉️

に関してですが、、、、

簡単に言いますと...

*歯槽性

➡︎特に奥歯の噛み合わせに関しては異常がなく(左右対称)、前歯の噛み合わせが結果的に上の前歯より下の前歯の方が前に出てしまっていて反対の噛み合わせになってしまっている歯並び・歯の生え方が原因の事を歯槽性と言います💡

一方で、、、

*骨格性

➡︎骨格/骨が原因で下顎(下のアゴ)が前方に出てきている為に結果的に前歯の噛み合わせも下の前歯が上の前歯よりも前方にある事を骨格性と言います💦

そして歯槽性に関してであれば難易度が下がるのですが、骨格性に関しては難易度が上がってきます。。

しかしながら、歯槽性であっても、骨格性であっても小児矯正で出来る事はありますし、やるメリットがありますのでご説明していきます☺️

出来る事は以下の2点です‼️

①前歯の噛み合わせを改善する。

➡︎これは反対咬合(受け口)ですと下の前歯の方が上の前歯よりも前方にありますので、その位置関係を逆転させる・正常の前歯の噛み合わせに治す(上の前歯が下の前歯よりも前方に位置する)事です。

この前歯の噛み合わせを改善する事で得られるメリットは、下顎の更なる成長を抑制してくれます❗️

どう言う事かと言いますと、もし前歯の噛み合わせが下の前歯の方が前方に出ている場合、お子様の成長に伴い更に下顎が成長促進され受け口がより顕著になってしまいます💦

しかし、前歯の噛み合わせを改善しておけば上の前歯が下の前歯をロックしてくれる(ストッパーの役割)為に、下顎の成長促進を抑える役割をしてくれます。

その為、なるべく早い段階で、小児矯正の段階で改善しておけば下顎突出の抑制を働き掛けてくれます。

②顎の拡大をする

➡︎特に骨格性の場合は、奥歯の噛み合わせに関しても上下が逆転している為(上よりも下の奥歯が外側に出ている。本来正常な噛み合わせであれば下よりも上の奥歯が外側に出ている)、顎の拡大をしていきながら奥歯の噛み合わせも改善していきます☺️

まずは上記2点の改善を第一優先に治療をしていき、成長が減退するまで治療&経過観察をしていきます。

しかしながら反対咬合に関しては途中イレギュラーな事が起きやすい傾向がありますので、どこかのタイミングで改善していてもまた反対咬合になってしまう事もありますのでその都度反対咬合に対するアプローチが必要になってきます💦

そして結果的に歯槽性であれば成長がfinishに向かうにつれて変化なく小児矯正期間内で終了出来るのですが、骨格性の反対咬合の場合は、成長が終了した段階で、そして小児矯正期間でアプローチをしても結果的に反対咬合の場合であればⅡ期治療(成人矯正/ワイヤー矯正治療)に入っていきます。

その際の骨格性反対咬合の治療法のjudje pointなのですが、もし口元、顎の出具合が気になるのであればこれに関しては矯正治療ではなく大学病院等専門機関にご紹介して、Ope治療(骨に対するアプローチ)になってしまいます。

もし口元や顎の出具合が気にならないのであれば矯正治療で改善出来るとこまで改善していきます💦(場合によっては永久歯を抜歯して治療していきます)

なので、反対咬合(受け口)の患者様に対しては他の矯正治療ケースと比べて経過を追う期間も長く、通常ケースよりもかなり長期戦になりますので御理解して頂ければと存じます💦

そして、結構多いのですが、セカンドオピニオン及びご紹介で僕のとこに矯正カウンセリングでいらした患者様方で、

以前他院で反対咬合で治療相談をした際に、もう少し永久歯に生え変わったらorほぼほぼ永久歯になるまでは経過観察をしましょうと説明を受けた方が多かったのですが、、

個人的にはそこまで(10〜12歳位まで)待ってしまっていると特に成長が早い女の子とかですと、ストッパーの無い下顎とかですと過成長してより下顎の出具合が顕著化されたりするリスクがありますので、なるべく早い段階でアプローチしていった方が(具体的には上下の前歯2本が生えてる段階)良いかなとあくまでもこれまでの経験則ですが思います🙇‍♂️

お子様の成長期間は限らますし、メリット・デメリットの部分もケースによってはありますので、先手必勝ではありませんが注視していく必要があります💦

今回は反対咬合(受け口)について解説してみました☺️

お子様の歯並び、小児矯正の事で何か不安な事、わからない事などありましたら、Instagram『@dr.takahisa_official』のDMにご連絡頂ければと思います😌

※また余談ですが、今年度のGW明け・以降で静岡県浜松市内のクリニックで新たに矯正治療をする予定です😌

もしお近くにお住まいの方でお子様の歯並びが気になる方、改善したい方がいらっしゃいましたら無料相談を受け付けておりますので直接

Instagram『@dr.takahisa_official』

のアカウントにDMして頂ければご案内させて頂きますのでご興味がありましたらお気軽にご連絡して頂ければと思います😊

-小児矯正(お子様の矯正治療)
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 🦷Dr.Takahisaの『現役歯科医師による歯の特化Blog』&『市販で販売している歯科グッズ紹介』サイト🦷 Powered by AFFINGER5